善人なおもて 往生をとぐ いわんや 悪人をや

皆さんこんにちは。
スタッフのharuです。

毎日寒いですね(>_<)
コンビニに入る度に肉まんの前で
足を止めています。

インフルエンザも流行っていますので
十分お気をつけくださいね(*^^*)

先週末の講座で日本三大美文の1つに
数えられる歎異抄の有名な一文、

「善人なおもて 往生をとぐ いわんや悪人をや」
から悪人とは私達全ての人間のことであると
教えていただきました。

えー!
何故に私が悪人ー!?
店員さんに優しい市民ランキングで
上位100名に食い込む自信あるんですけどー!

と思いましたが、仏教で教えられる悪って
とっても厳しいんですね。

私が自分は善人だと思っているのはちょうど
肉眼で手のひらを見てキレイと思っているようなもの。

肉眼ではキレイに見えても顕微鏡で見てみると
バイ菌だらけなように、

仏教という顕微鏡を通して見てみると
1つの善もできない悪人が私達人間の姿なのだとか。

なぜ、そうなるのかも詳しく教えられていますので
機会があればぜひ講座にご参加くださいねo(^▽^)o

私は「人間とは何ぞや……。」とよく考えることがありましたが
今回の話を聞いて少し見えてきたような気がします(`・ω・´)

さて、明日はついに肉まんを買ってしまうのか私!
かなりどうでもいい!

ではでは今日はこの辺で失礼しますm(_ _)m

(寒い日でしたがたくさんの参加者がありました♪)